光目覚まし時計

光目覚まし時計

「光」を使った目覚まし時計、光目覚まし時計についてこちらで解説していきます。

 

光目覚ましは、音ではなく光りを使って目覚めることができる目覚ましです。

 

 

音で起床するのは、知っての通り非常に大きなストレスとなりますが、

 

光による起床なら、古来人間が起床していたのと同じように、

 

「周りが明るくなったら起きる」という非常に自然な形で、ストレス無く目覚めることができます。

 

また、光目覚まし時計では、光で起きることができなかった場合のために、音も鳴らすことができます。

 

 

光目覚まし時計では、種類によっては体内時計のリセット効果も期待できます。

 

体内時計は、太陽光に当たることでリセットされるように作られていますが、

 

毎日朝から十分な太陽光を浴びるのは難しい、という人もいると思います。

 

日差しの少ない地域に住んでいたり、日差しの差し込みにくい建物だったり、

 

日差しの差し込みにくい寝室の位置だったりすることがあると思います。

 

そういう方にも、光目覚まし時計はおすすめです。

 

朝、光で目覚めてから、そのまま明るい光を浴び続けることで、体内時計をリセットし、

 

脳を覚醒モードにスムーズに切り替え、快適な一日をスタートすることができるのです。

光目覚まし時計の選び方 注意点

光目覚まし時計と言っても、けっこう種類があるので、

 

光目覚まし時計の正しい選び方を解説していきます。

 

体内時計をリセットするために必要なルクス(明るさの単位)は

 

2500ルクスとされています。

 

ですので、体内時計をリセットするためには、2500ルクス以上の光を発する光目覚まし時計が必要です。

 

光目覚まし時計を購入する際には、明るさが2500ルクス以上であるかをチェックしましょう。

 

明るさが2500ルクス以下の光目覚まし時計もありますが、

 

そのような光目覚まし時計は「光」によって目覚めることはできますが、

 

体内時計をリセットし、メラトニンなどの睡眠ホルモンのリズムを整える効果はありませんので、注意してください。

 

睡眠ホルモンのリズムを整えて、快適な起床・睡眠をしたい場合は、

 

明るさが2500以上の光目覚まし時計を選ぶようにしてください。

 

 

明るさをチェックする時の注意点としては、明るさが距離ごとに表示されている場合がある、ということです。

 

例えば、

 

30cm・・・2500ルクス

 

50cm・・・5000ルクス

 

1m・・・10000ルクス

 

のような感じです。

 

 

2500ルクス、と表示されていても、

 

0cm・・・2500ルクス

 

つまり光源からの明るさが2500ルクスである場合、

 

光を浴びている間、光目覚まし時計に密着していなければなりません。

 

 

光で体内時計のリセット効果を得たい場合には、

 

2500ルクス以上に20分〜30分当たり続ける必要があるため、

 

各人の生活スタイルに応じて、必要なルクスのものを購入しましょう。

 

例えば、

 

朝、起床してから、朝食を作りながら光に当たる、という人であれば、

 

30cm・・・2500ルクスのもので十分でしょう。

 

 

しかし、朝起きてから食事をしている時間が無い、光目覚まし時計の近くに20〜30分もいることができない、

 

という人であれば、

 

1m・・・10000ルクスのような光の強いものを選び、朝の準備をしながら光を浴びられるようにしましょう。

 

当然明るさが強い光目覚まし時計ほど、高額になる傾向にあるので、あなたのライフスタイルに応じて、

 

適切な光目覚まし時計を選んでください。

光目覚まし時計の例

光目覚まし時計インティ

 

このインティが他の光り目覚まし時計と異なる点は、90日間の返金保証がついている点です。

 

光目覚まし時計って良さそうだな、とあなたが思っても、

 

やはりこれまでの人生、「音」でずっと目覚めてきたのですから、「光」で本当に目覚めることができるのか不安だと思います。

 

そのような方のために、インティでは90日間の保証がついています。

 

使ったらすぐに自分に合うか分かるのではないか?と思うかもしれませんが、

 

実は光で目覚めるのに慣れるのが90日間だと言われています。

 

光目覚まし時計を使い始めてすぐに快適に起きることができなくても、

 

しばらく使い続けているうちに、光で目を覚ますことに脳・体が慣れてきて、次第に快適に起きられるようになることがしばしばあるのです。

 

ですので、これほど長い期間保証されているのですね。

 

興味をもった方は、とりあえず使ってみて自分に合うかどうかしばらく試してみてください。

 

もし、どうしても相性が悪かったら、そこで返品すればいいだけですからね。

光目覚まし時計関連ページ

仮眠の方法とその時間
仮眠の方法・適切な仮眠の時間について解説。仮眠を適切なタイミング・適切な時間とることで、快適な生活が可能となります。
睡眠のリズムを整える
覚醒のために、睡眠のリズムを整えることが大切です。睡眠のリズムを正しく整えることによるメリットと、その方法について詳しく解説。
眠気を取る方法
起床後に眠気を取る方法を解説。睡眠から覚醒した後に、眠気が襲ってくることがあると思います。その眠気を取り除く方法を、丁寧に解説していきます。
目覚めを良くする方法 「光」を使う
目覚めを良くする方法について解説。睡眠から目覚めた後にどうしても眠くなることがあると思います。そういう時のための目覚めを良くする方法を解説します。
スリープトラッカー
快適な睡眠を約束するスリープトラッカーについて解説。スリープトラッカーとは、腕時計型の睡眠を補助する装置です。スリープトラッカーは睡眠のリズムを読み取り、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる装置です。