仮眠の方法とその時間

仮眠の方法とその時間

仮眠と適切な昼寝の時間についてここでは紹介していきたいと思います。

 

仮眠をすると、夜間に入眠しづらくなってしまうのではないかと思って、睡眠をためらう人がいるようです。

 

しかし、適切な長さの仮眠であれば問題ありません。

 

適度な仮眠をとることで、脳の働きが回復してすっきりし、体の調子もよくなります。

 

眠気があるのに、無理に我慢して起きていては、覚醒時の行動のパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

 

仮眠をとる際には、15分から30分くらいの短い時間にするとよいです。

 

この時間ならば、睡眠の段階が深い睡眠の段階に入る前に起きることができるので、覚醒が容易になります。

 

眠る際には、睡眠状態に入るのが良いですが、目を閉じているだけでも構いません。

 

睡眠することができなくとも、目を閉じているだけで目からの情報が遮断されるので、疲れがとれます。

 

 

昼寝をする時間帯は、午後1時から3時ぐらいの間がおすすめです。

 

この時間帯の仮眠なら、夜に眠れなくなることはないと思います。

 

あまりに遅い時間帯に仮眠をとると、夜眠れなくなってしまうので、止めるようにしてください。

 

 

昼寝をするなどの仮眠をとると、熟睡してしまい、起きられない、という人は、横たわって寝ないという方法もあります。

 

そのような方は、ソファーやリクライニングチェアーなどにもたれかかって仮眠をとるとよいです。

 

完全に横たわって寝ると、覚醒しにくくなってしまうことがあります。

 

仮眠は、いきなりやると感覚がつかめずに上手く眠れないという方もいます。

 

しかし、継続するうちによい感じに仮眠が取れるようになってくるものなので、継続してやってみましょう。

 

 

また、仮眠の方法としては、カフェインを摂取してから仮眠をとるのも効果的です。

 

カフェインは、摂取後約30分後に血液中に吸収されて、神経にはたらきかけて覚醒作用をもたらします。

 

そのため、仮眠の起床時刻の30分前くらいにカフェインの入っているコーヒーやお茶を飲んでおくことで、眠り過ぎを防ぐことができます。

 

さらに、覚醒時にすっきりと起きることができるようになるので、おすすめです。

 

 

しかし、仮眠を長く摂り過ぎると、逆効果になってしまいます。

 

高齢者で30分以内程度の短い睡眠をとっている人は、認知症になる確率が下がるが、長時間の仮眠をとっている人は認知症になる確率が数倍になるという研究結果もあります。

 

また、長時間の仮眠は、心筋梗塞になる危険率も高くなるという結果が出ています。

仮眠の方法とその時間関連ページ

睡眠のリズムを整える
覚醒のために、睡眠のリズムを整えることが大切です。睡眠のリズムを正しく整えることによるメリットと、その方法について詳しく解説。
眠気を取る方法
起床後に眠気を取る方法を解説。睡眠から覚醒した後に、眠気が襲ってくることがあると思います。その眠気を取り除く方法を、丁寧に解説していきます。
目覚めを良くする方法
目覚めを良くする方法について解説。睡眠から目覚めた後にどうしても眠くなることがあると思います。そういう時のための目覚めを良くする方法を解説します。
二度寝 防止
二度寝を防止する方法を解説。つい、二度寝をしてしまう人は必見です。二度寝の睡眠に対する悪影響や、二度寝を防止する方法をお教えします。
スリープトラッカー
快適な睡眠を約束するスリープトラッカーについて解説。スリープトラッカーとは、腕時計型の睡眠を補助する装置です。スリープトラッカーは睡眠のリズムを読み取り、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる装置です。