眠気を取る方法

眠気を取る方法

眠気を取る方法について解説していきます。

 

起床し、覚醒した後、まずは深呼吸とエクササイズを行いましょう。

 

カーテンを開けて光を取り入れながら、深呼吸とエクササイズを行いましょう。

 

太陽光を浴びることで、体内時計がリセットされ、体に目覚める時間帯であることを伝えます。

 

 

口を思いっきり開けて深呼吸をしてください。

 

この時、できれば窓を開けて新鮮な空気を取り入れてやるようにするとよいです。

 

そうすることによって、酸素を大量に取り入れ、脳を覚醒させることができます。

 

また、ご存じだと思いますが、洗顔をすることも眠気を追い払うのに効果的です。

 

 

軽いエクササイズをするのも覚醒に効果的です。

 

運動により血流がよくなり、酸素がより多く脳に運搬されるようになるため、頭がすっきりしてきます。

 

腰をそらせて、大きく背伸びをしたり、軽い屈伸運動などをしましょう。

 

また、手や足の指を開いたり閉じたりするのも眠気を取るのに効果があります。

 

朝に時間を取るのが可能であれば、光と浴びることと、運動することを兼ねた朝のウォーキングをするのも効果的です。

 

 

その後は、朝食を食べましょう。

 

起床後約一時間以内に、朝食を食べることで、胃にある体内時計がリセットされます。

 

朝食を食べることで、体が覚醒モードに入っていくのです。

 

また、朝食はしっかりと噛んで食べるようにしましょう。

 

しっかりと噛むことによって、脳に刺激が与えられ、眠気が取れます。

 

 

朝眠くて、朝食を食べずに睡眠時間を伸ばすために朝食時間をけずって眠るという人がいますが、おすすめできません。

 

朝食を食べることができる時間をとれるように逆算して、起床時刻を設定するようにしましょう。

 

そうすることによって、覚醒がよりよいものになります。

 

時間が無い人なら、ガムを噛む、というのも朝に眠気を取るためにおすすめです。

 

 

朝食に良いとされる食べ物は、ブドウ糖(グルコース)を多く含む食べ物です。

 

脳の栄養源であるブドウ糖は、前日に大量にとったとしても、朝食で取らなければ午前中には必要分が足りなくなってしまうとされています。

 

ですから、朝から頭を活発に使うためには朝食でブドウ糖をとる必要があるのです。

 

米、パン、麺類、ぶどう、バナナ、ごぼう、いもなどがブドウ糖を多く含む食べ物として知られています。

眠気を取る方法関連ページ

仮眠の方法とその時間
仮眠の方法・適切な仮眠の時間について解説。仮眠を適切なタイミング・適切な時間とることで、快適な生活が可能となります。
睡眠のリズムを整える
覚醒のために、睡眠のリズムを整えることが大切です。睡眠のリズムを正しく整えることによるメリットと、その方法について詳しく解説。
目覚めを良くする方法
目覚めを良くする方法について解説。睡眠から目覚めた後にどうしても眠くなることがあると思います。そういう時のための目覚めを良くする方法を解説します。
スリープトラッカー
快適な睡眠を約束するスリープトラッカーについて解説。スリープトラッカーとは、腕時計型の睡眠を補助する装置です。スリープトラッカーは睡眠のリズムを読み取り、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる装置です。