二度寝 防止

二度寝を防止する方法

ここでは、覚醒対策法・治療法というよりも、精神論的な覚醒のコツを紹介したいと思います。

 

 

睡眠中、いつもより早く目覚めてしまうことがあると思います。

 

アラームを設定した時刻よりも、早く起きてしまった、という時があると思います。

 

このような時に、時計の時刻を見て、まだ予定の時刻まで時間がある、まだ眠れる、と思うものです。

 

しかし、そこで二度寝するのは止めましょう。

 

あまりにも早く目覚めてしまった、という場合はもう一度寝てよいですが、数分、数十分早く起きてしまった場合などはそのまま起きている方が良いです。

 

 

二度寝して中途半端なタイミングで起きてしまうと、眠りの浅い起きるのに適したタイミングで起きられずに、返って疲れてしまうことも考えられます。

 

ちょうど眠りの浅いときに起きることができて良かった、と思うようにしましょう。

 

早く目覚めてしまった時は、時間ができたと思ってラッキーだと思うようにすればよいです。

二度寝 防止関連ページ

睡眠のリズムを整える
覚醒のために、睡眠のリズムを整えることが大切です。睡眠のリズムを正しく整えることによるメリットと、その方法について詳しく解説。
仮眠の方法とその時間
仮眠の方法・適切な仮眠の時間について解説。仮眠を適切なタイミング・適切な時間とることで、快適な生活が可能となります。
眠気を取る方法
起床後に眠気を取る方法を解説。睡眠から覚醒した後に、眠気が襲ってくることがあると思います。その眠気を取り除く方法を、丁寧に解説していきます。
目覚めを良くする方法
目覚めを良くする方法について解説。睡眠から目覚めた後にどうしても眠くなることがあると思います。そういう時のための目覚めを良くする方法を解説します。
スリープトラッカー
快適な睡眠を約束するスリープトラッカーについて解説。スリープトラッカーとは、腕時計型の睡眠を補助する装置です。スリープトラッカーは睡眠のリズムを読み取り、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる装置です。