体内時計

体内時計とは

ヒトの睡眠周期は、光などの外部情報だけでなく、体内情報によっても決まります。

 

体内の情報は、「体内時計」によって決められます。

 

ヒトの睡眠は、体内時計によって支配されています。

 

体内時計の周期は、人によって差がありますが、24時間周期よりも長いとされており、およそ24時間半〜25時間だと言われています。

 

 

この約一時間のずれがなぜ生じているかは分かっていませんが、体内時計の時間のずれは、「光」によってリセットされます。

 

そのため、体内時計を正常に働かせて、実際の時間とずれをなくすためには、十分な光を浴びる必要があるのです。

 

毎朝、光を浴びることによって、体内時計をリセットし、睡眠のリズムを整えることができます。

 

体内時計のリセットが行われてから、約15〜16時間後に眠気がで出始めます。

 

浴びる光は、「太陽光」です。

 

なぜなら、通常の室内の明るさは太陽光の数十分の一程度しかなく、体内時計をリセットさせるのに必要十分ではないからです。

 

例え曇りの日であっても、屋外の明るさは室内の5倍〜10倍はあるので、曇りの日でも起床後に外に出るか、カーテンを空けて太陽光を浴びてください。

 

 

 

 

体内時計がどこにあるかというと、体中にあると言われており、時計遺伝子という遺伝子が、全身の細胞に存在しています。

 

その中でも親時計が脳にあり、これが光によってリセットされると考えられています

 

脳の中心付近にある神経細胞の集まりである「視交叉上核」が体内時計の中心的な役割を担っています。

 

親時計が調節されることで、その他の部位の時計もある程度調節されます。

 

また、胃にも体内時計があり、朝に食物を食べることでその時計がリセットされ、すっきりと目覚めることができます。

 

 

夜更かしを繰り返したり、不規則な生活が続くと、体中の体内時計がばらばらのリズムを刻むようになってしまいます。

 

すると、体内の調子を整えるさまざまなホルモンのバランスが崩れてしまいます。

 

よい睡眠をとるためには、ありきたりなことですが規則正しい生活をして、体内時計のリセットを活用し、体内時計を正常に働かせることが大切です。

理想の睡眠時間

結論から言うと、理想の睡眠時間は人によって異なります。

 

睡眠時間は、7〜8時間が適切とは古くよりよく言われていたことですが、科学的な根拠は乏しいです。

 

むしろ、最近の研究では長すぎる睡眠は寿命を縮めるという統計も出ています。

 

成長期のこどもはそれぐらい眠る必要がありますが、大人は必ずしもそれほど長く眠る必要はありません。

 

人それぞれ、適切な睡眠時間は異なります。

 

さらに、年齢、性別、季節、気温などによって、同一人物でも適切な睡眠時間は毎日一定という訳ではありません。

 

 

長く眠れば眠るほどよい、というわけでもありません。

 

体質によって、短い睡眠時間の方が快適であるという人も少なからずいます。

 

また、長く眠れば眠るほどよいという訳ではなく、長く眠り過ぎると眠りが浅くなり、睡眠の質が低下してしまいます。

 

さらに、体力が十分回復している状態で眠り続けると、寝返りなどの睡眠中の動きが多くなり、起床時に返って疲れている、ということにもなってしまいます。

 

以上の理由から、単に長く眠ればよい、というわけではないのです。