睡眠と寝返りの重要性

睡眠と寝返りの

寝返りは、睡眠において非常に重要です。

 

寝返りには、主に次のような効果があります。

 

 

・一定の姿勢で居続けることによる身体の負荷を避ける

 

・特定の部位の疲労を緩和する

 

 

睡眠中は、一定の姿勢で居続けると疲れるため、脳が身体の負荷を避けるため、寝返りを打たせます。

 

姿勢を変えることによって、体重が同じところばかりにかかるのを避けることができるのです。

 

また、特定の部位の疲労とは、たとえば首、腰などです。

 

デスクワークを長く続けた日には首が疲れますし、腰をひねる運動、たとえばテニスなどを激しくした日には腰が疲れます。

 

このような日によって異なる疲れを、寝返りによって睡眠中に動くことによって自然に体をケアすることができるのです。

 

 

人は通常、平均して睡眠中に数十回の寝返りを打つとされています。

 

寝返りが少なすぎると、体の同じ部位に負担がかかったままの状態が長時間続いてしまいます。

 

逆に、寝返りが多すぎると、寝返りにはエネルギーを使うので、体に疲れがたまってしまいます。

 

そのため、寝返りの回数が適切になるように寝具を選ばなければなりません。

 

 

ベッドや毛布のサイズは、自分の寝返りがしやすいようなサイズにします。

 

体格に応じて、寝返りに必要な横幅が異なりますので、自分に適したサイズを選びましょう。

 

寝返りをする時に、十分なスペースがないと上手く寝返りを打つことができませんし、広すぎると必要以上に寝返りを打ってしまうことになります。

 

例えば体格が大きい人だと、横幅が狭いベッド・マットレスだと、寝がえりを打つとバランスが悪くなるので、

 

無意識のうちに寝返りを打ちにくくなります。

 

逆に、細身の人が横幅の広いものに寝ると、同じ方向に2回寝返りを打つなどしてしまい、左右での寝返りのバランスがくずれてしまいます。

 

 

購入の際には、実際に横たわってみて、寝返りしやすいかどうか確認してください。

 

 

材質は、自分の体重をしっかりと支え、寝返りが自由に打てる硬さのものを選んで下さい。

 

フカフカのものが高級感があってよさそうに思えるかもしれませんが、柔らか過ぎるものはいけません。

 

体が沈みこんでしまい、寝返りが打ちにくくなるからです。

 

適切な硬さのものであれば、適度に体にかかる圧力を分散させることができるので、よい睡眠状態を作り出すことができます。

睡眠と寝返りの重要性関連ページ

低反発マットレス・高反発マットレス
快適な睡眠をするためのテクニックを紹介。低反発マットレスと、高反発マットレスの違いについて解説し、あなたに適したマットレスを選ぶための方法を徹底解説。
正しい寝姿勢とは?
正しい睡眠時の姿勢、寝姿勢について。寝姿勢をきちんと計画して行っていくことで、睡眠時に快適に入眠できたり、朝に疲れが残らなかったりと、色々なメリットがあります。睡眠時の正しい寝姿勢について徹底解説。
アルコール・酒で睡眠は良くなるか?
アルコールと入眠障害について。アルコールをとると、寝つきが良くなったように感じますが、それは間違いです。なぜ、アルコールが入眠の障害になるかを解説します。
カフェインと覚醒
カフェインと覚醒の関係について。カフェインの睡眠に及ぼす作用を詳しく解説し、睡眠を快適にするためのカフェインの正しい取り方をお教えします。
タバコで睡眠は改善できるのか?
タバコと睡眠の関係について詳しく解説。タバコを吸うと良く眠れるとう人がいますが、果たして本当なのでしょうか?タバコと睡眠の関係について、検証していきます。
睡眠時に快適な寝室の室温は?
睡眠時に快適な寝室の室温とは、どれくらいなのでしょうか?睡眠時の寝室の室温は、睡眠の良し悪しを大きく作用します。正しい寝室な室温の知識を覚えておきましょう。
睡眠と枕について 枕の選び方
睡眠と枕について。睡眠と枕の関係について詳しく解説し、あなたにあった枕の見つけ方を詳しく解説。さらに、枕なし睡眠法についても解説します。
睡眠と寝具〜寝具の正しい使い方
睡眠と寝具について解説。睡眠と、睡眠に適した寝具の知識をまとめた公開します。自分に適した寝具を選ぶことで、睡眠効率・睡眠の質は大きくアップします。寝具の正しい使い方をここで伝授します。