睡眠と寝具〜寝具の正しい使い方

睡眠と寝具 羽毛布団

睡眠と寝具について解説していきます。

 

まずは、間違った知識を持っている人が多い羽毛布団の使い方について解説していきましょう。

 

羽毛布団を使う際の注意点ですが、体の一番近くに羽毛布団を掛ける、ということが大切です。

 

つまり、間に何も挟まずに、羽毛布団を直接体の上に乗せるということです。

 

習慣的に、体の上に毛布を掛け、一番上に羽毛布団を掛ける、という人が多いようですが、これでは羽毛布団のメリットがなくなってしまいます。

 

 

羽毛布団のメリットとともに、このことについて解説していきます。

 

羽毛布団の保温効果は、内部の空気の層によって生まれています。

 

体温が羽毛布団の内部の羽毛に伝わり、その熱が羽毛の間の空気の層に蓄えられ、保温効果を発揮するのです。

 

羽毛のメリットは、ふかふかして気持ち良いことだと思っている人が多いと思いますが、

 

一番重要なのは、そのふかふかの元となっている空気の層に熱を蓄える、ということなのです。

 

そのため、体温を伝えるため、羽毛布団は体に近い方がよいのです。

 

羽毛布団と体の間に毛布などをはさんでしまうと、体温が伝わりにくくなってしまううので、蓄温という羽毛布団の大きなメリットが損なわれてしまうのです。

 

 

また、同様の理由で、羽毛布団の上にさらに毛布を掛けるというのもおすすめできません。

 

羽毛布団の上にさらに毛布を掛けたりすると、羽毛布団が重みでつぶれてしまうからです。

 

それにより、羽毛布団の保温効果を発揮する空気の層が潰れてしまうので、保温効果が落ちてしまうのです。

 

 

上記の理由から、羽毛布団は間に何も挟まず、直接体を覆う形で使う、というのがベストな使い方なのです。

 

羽毛布団を使って寝ても、それでもまだ寒い、という時には、薄いブランケットなどを羽毛布団の上に掛けるとよいです。

 

そうすれば、重みで羽毛布団を潰すことなく、羽毛布団の内部の空気が逃げにくくなりますし、外気の寒い空気をさらにさえぎることができるため、より暖かくなります。

 

その他、体の下に毛布を敷いて、温かくする、というのが効果的です。

 

以上に解説したように、羽毛布団を正しく使って、快適な睡眠をとってください。

毛布・掛け布団について

続いて、睡眠と寝具の、毛布・掛け布団について解説していきます。

 

掛け布団の毛布や掛布団を使う際には、「重さ」に注意を払いましょう。

 

睡眠時に体の上に重たいものが乗っていると、体に疲れが残る可能性があります。

 

ぐっすりと睡眠したはずなのに、どうにもこうにも体の疲れが取れない、という場合は、体の上の寝具の重さにも注意を払ってみてください。

 

これは意外に気づきにくいことだと思いますので、心あたりはないか調べてみてください。

 

保温性に優れ、重さの軽い寝具を選ぶようにしましょう。

 

重さが軽く、保温性が高い寝具としては、先ほど解説した羽毛布団があります。

 

羽毛布団はやや値が張りますが、効果は高いので、ぜひ活用してみてください。

 

 

毛布は、体の上に掛けるもの、という認識を持っている人が多いでしょうが、実は体の下に敷くことでも大きな効果を発揮します。

 

寒い時には、下に敷くことで大きな保温効果が生まれます。

 

体の下にも毛布を敷くと、体の隙間に応じて毛布がシワになり、体と接している部分の隙間を毛布が埋めてくれるので、熱が逃げにくくなるのです。

 

体温によって温められた空気を逃さないように上に毛布をかけるのが普通ですが、

 

下からも暖かい空気を逃さないようにすることで、よりいっそう空気が逃げにくくなります。

 

また、下に毛布を敷くことで、布団やベッドマットなどの固さを和らげることができますし、寒い時に体上の寝具が重くなり過ぎるのを防ぐこともできます。

 

ただし、体の下に毛布を敷くことで、マットレスの効果や固さなどが損なわれてしまうので、注意が必要です。

 

触感と温度の両方に注意して、どのように寝具を使って行くか決めるようにしてください。

クッションの利用

睡眠と寝具の使い方の締めくくりに、クッションを使った睡眠の改善法を解説します。

 

睡眠時に、それぞれの睡眠姿勢をサポートするために、クッションを利用するのも効果的です。

 

クッションとしては、専用のものや、無ければ厚手のタオルなどで代用してもよいです。

 

クッションを入れる位置は、基本的に体の浮いている所です。

 

浮いている、ということは、ベッドマットや布団と接していない、つまり重さが支えられていない、ということです。

 

個人の体格によって、同じ睡眠姿勢でも接する身体の部位は異なります。

 

浮いているところにクッションをはさみこむことで、体への重量負担を軽くすることができるのです。

 

それぞれの睡眠姿勢ごとにクッションを入れるべき部位を示していきます。

 

 

・仰向け

 

仰向けの時には、首、ひざ裏、かかとに必要に応じてクッションをいれましょう。

 

首がちょうどよい高さになるようにクッションをいれます。

 

ひざ裏にクッションをいれることで、足も楽になりますし、ひざが上がることで腰の浮きも解消されます。

 

かかとが仰向けに寝ている時に少し痛く感じる、という人は、かかとの下にクッションをいれましょう。

 

 

・横向き

 

腕の間に抱くようにするクッションを用いると、接していない方の腕の重さが軽減されて楽です。

 

また、足の間にも同様にクッションを挟むと楽です。

 

横向きになると、頭が浮くので、高めのクッション(高めのまくら)をして寝るとよいでしょう。

 

人によっては、抱き枕を使ってもよいと思います。

 

 

・仰向け

 

仰向けの場合は、胸のあたりにクッションを入れると楽です。

 

また、足のつま先に体重がかかるので、足首のあたりにもクッションをいれるとよいです。

 

頭のおでこの部分に枕やクッションをおいて、頭の重さを軽減するものよいです。

 

 

体の浮きは、態勢によって必ずできる場合もありますが、体の歪み(ゆがみ)が原因で生じることもあります。

 

その場合には、クッションを入れて負担を軽減することも大切ですが、歪みを矯正していくことが優先されます。

 

体の歪みが原因で隙間が生じて体が浮いている場合、クッションを使い続けていると、体の歪みが助長されてしまうかもしれません。

 

体の歪みは、悪化すると痛みによる睡眠の妨げになることがあり、また重症になるとそれ以外にも身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

体の歪みに気づいたら、早めに対策することが大切です。

睡眠と寝具〜寝具の正しい使い方関連ページ

低反発マットレス・高反発マットレス
快適な睡眠をするためのテクニックを紹介。低反発マットレスと、高反発マットレスの違いについて解説し、あなたに適したマットレスを選ぶための方法を徹底解説。
睡眠と寝返りの重要性
睡眠と寝返りの重要性について。睡眠時には、寝がえりを適切に打つことができるかどうかで、睡眠の質が大幅に変わってきます。睡眠の質を上げる為の寝返りの重要性と、それを達成するための方法を解説。
正しい寝姿勢とは?
正しい睡眠時の姿勢、寝姿勢について。寝姿勢をきちんと計画して行っていくことで、睡眠時に快適に入眠できたり、朝に疲れが残らなかったりと、色々なメリットがあります。睡眠時の正しい寝姿勢について徹底解説。
アルコール・酒で睡眠の質は上がるか?
アルコールと入眠障害について。アルコールをとると、寝つきが良くなったように感じますが、それは間違いです。なぜ、アルコールが入眠の障害になるかを解説します。
カフェインと覚醒
カフェインと覚醒の関係について。カフェインの睡眠に及ぼす作用を詳しく解説し、睡眠を快適にするためのカフェインの正しい取り方をお教えします。
タバコで睡眠は改善できるのか?
タバコと睡眠の関係について詳しく解説。タバコを吸うと良く眠れるとう人がいますが、果たして本当なのでしょうか?タバコと睡眠の関係について、検証していきます。
睡眠時に快適な寝室の室温は?
睡眠時に快適な寝室の室温とは、どれくらいなのでしょうか?睡眠時の寝室の室温は、睡眠の良し悪しを大きく作用します。正しい寝室な室温の知識を覚えておきましょう。
睡眠と枕について 枕の選び方
睡眠と枕について。睡眠と枕の関係について詳しく解説し、あなたにあった枕の見つけ方を詳しく解説。さらに、枕なし睡眠法についても解説します。