低反発マットレス・高反発マットレス

低反発マットレス・高反発マットレスの違い

低反発マットレスと高反発マットレスの違いや、どちらを選べばよいかということについて解説していきます。

 

 

低反発マットレスは、

 

反発力が弱く、力がかかると、ゆっくりと沈み込み、ゆっくりと戻る、スポンジの一種です。

 

ウレタン素材で圧力・衝撃の吸収・分散に優れています。

 

低反発マットレスは、体の形に合わせて、耐圧を分散させることができるという特徴があります。

 

体の形に合わせて柔軟にその形を変化させるので、どんな体型の人でも、体に合わせてフィットします。

 

その反面、必要以上に柔らかすぎる低反発マットレスだと、体が沈みこんでしまい、寝がえりを打ちにくくなってしまいます。

 

睡眠中に寝がえりを打つことで、体重が同じところばかりにかかるのを避けることができるのです。

 

寝返りが少なすぎると、体の同じ部位に負担がかかったままの状態が長時間続いてしまいます。

 

 

また、体のゆがみがある人は、睡眠時に体のゆがみが増強されてしまう、というデメリットがあります。

 

そのため、腰痛や肩こりがある人が、楽だからと言って低反発マットレスを使うと、

 

が必要以上に沈みこんでしまい、体のゆがみを増強させ、腰痛・肩こりを悪化させてしまうことにもなります。

 

 

一方、

 

高反発マットレスは逆に、

 

反発する力が強く、体が沈み込みにくく、寝がえりが打ちやすい、という特徴があります。

 

やららか過ぎるマットレスでは、体の形に変形するので、寝初めは心地よく感じるでしょう。

 

しかし、必要以上に柔らかいマットレスでは、体が沈みこんでしまい、寝がえりを打ちにくくなってしまいます。

 

必要以上に柔らかいマットレスだと、同じ姿勢でいる時間が長くなり、体への負荷が大きくなってしまいます。

 

一方、高反発マットレスは、反発する力が強く、体が沈み込みにくいので、寝がえりをうちやすいという特徴があります。

 

 

また、高反発、という特性から、高反発マットレスはへたりにくく、長持ちしやすいです。

 

それに、素材の性質上、通気性が良いので、湿気が抜けやすい、という特徴もあります。

低反発マットレス・高反発マットレスの選び方

それでは、低反発マットレスと高反発マットレスの違いを理解してもらった所で、

 

結局どちらを選べばよいの?という疑問に対する答えを述べていきましょう。

 

 

マットレスは、「寝返りの回数」「衝撃の吸収」の二つの基準で選んでください。

 

寝返りは、固いほどしやすいですが、固いほど、衝撃は吸収されません。

 

衝撃の吸収は、柔らかいほどしやすいですが、柔らかいほど寝返りは打ちにくくなります。

 

ですので、この二つの要素が自分にとってちょうどよくなるような固さのマットレスを選んでください。

 

 

高反発マットレスと低反発マットレスのどちらが良いか、という議論がよくされますが、

 

どちらが良いかは人によって違います。

 

筋力が多い人では、寝がえりが打ちやすいので、柔らかいマットレスでも寝返りは簡単に打てます。

 

しかし、筋力が弱い人では、寝がえりが打ちにくいので、柔らかいマットレスでは寝返りは打ちにくいです。

 

また、体の凹凸が大きい人では、固いマットレスでは寝心地が悪いですが、

 

体の凹凸が小さい人では、固いマットレスでも、体重が分散するため、寝心地はそれほど悪くならないでしょう。

 

人によって、筋肉の付き方や、体の凹凸に違いがあるので、人それぞれ、適したマットレスは違うのです。

 

 

また、マットレスには、高反発マットレスでも、固めのものと柔らかめのものがあり、

 

低反発マットレスにも、固めのものと柔らかめのものがあり、

 

一口に高反発、低反発と言っても、固さには違いがあります。

 

自分の体に合ったマットレスを見つけてください。

 

マットレスを試しくい順番としては、高反発→低反発の順がおすすめです。

 

先述のように、低反発のもの、柔らかいマットレスでは、体のゆがみが助長される恐れがあるので、

 

できるだけ固めの方から、体に合ったものを探していくのが良いからです。

 

 

「寝返りの回数」と「衝撃の吸収」の二つの要素を考慮してマットレスを選んでいく上で、

 

気を付けて欲しいのは、「長期的な目線」です。

 

つまり、使ってみて寝心地が良く感じたマットレスでも、長期間使って行くと体に悪いことがあり、

 

逆に、使ってみて寝心地が悪く感じたマットレスでも、長期間使って行くと体に良いことがある、ということです。

 

特に、体のゆがみがある人には、これが起きやすいです。

 

体のゆがみがある人が寝心地が良く感じたマットレスは、柔らかすぎる場合があり、短期間では寝心地がよくても、

 

長期間だと寝心地が悪いことがあります。

 

体のゆがみがある人が寝心地が悪く感じたマットレスでも、それは体のゆがみが矯正されているから寝心地が悪いのであり、

 

長期間使って行くとゆがみが解消されてきて体に良い、という場合もあるのです。

 

ですので、使ってすぐに自分に合わないマットレスだと判断するのではなく、数週間〜数か月使ってみて判断していくことが大切です。

 

ここで解説した基準でマットレスを試していって、自分に合ったベストなマットレスを見つけてください。

低反発マットレス・高反発マットレス関連ページ

正しい寝姿勢とは?
正しい睡眠時の姿勢、寝姿勢について。寝姿勢をきちんと計画して行っていくことで、睡眠時に快適に入眠できたり、朝に疲れが残らなかったりと、色々なメリットがあります。睡眠時の正しい寝姿勢について徹底解説。
アルコール・酒で睡眠は良くなるか?
アルコールと入眠障害について。アルコールをとると、寝つきが良くなったように感じますが、それは間違いです。なぜ、アルコールが入眠の障害になるかを解説します。
カフェインと覚醒
カフェインと覚醒の関係について。カフェインの睡眠に及ぼす作用を詳しく解説し、睡眠を快適にするためのカフェインの正しい取り方をお教えします。
タバコで睡眠は改善できるのか?
タバコと睡眠の関係について詳しく解説。タバコを吸うと良く眠れるとう人がいますが、果たして本当なのでしょうか?タバコと睡眠の関係について、検証していきます。
睡眠時に快適な寝室の室温は?
睡眠時に快適な寝室の室温とは、どれくらいなのでしょうか?睡眠時の寝室の室温は、睡眠の良し悪しを大きく作用します。正しい寝室な室温の知識を覚えておきましょう。
睡眠と寝返りの重要性
睡眠と寝返りの重要性について
睡眠と枕について
睡眠と枕について。睡眠と枕の関係について詳しく解説し、あなたにあった枕の見つけ方を詳しく解説。さらに、枕なし睡眠法についても解説します。
睡眠と寝具〜寝具の正しい使い方
睡眠と寝具について解説。睡眠と、睡眠に適した寝具の知識をまとめた公開します。自分に適した寝具を選ぶことで、睡眠効率・睡眠の質は大きくアップします。寝具の正しい使い方をここで伝授します。