睡眠障害

睡眠障害・不眠症のタイプ

睡眠障害・不眠症には、おもに4タイプあります。

 

・入眠困難

 

・中途覚醒

 

・早期覚醒

 

・熟眠不全

 

 

入眠困難・・・入眠困難とは、なかなか寝付けないことを指します。

 

中途覚醒・・・中途覚醒とは、頻繁に夜間に目が覚める状態を指します。

 

中途覚醒・・・中途覚醒とは、朝早く目が覚めてしまい、再び眠ることができない状態を指します。

 

熟眠不全・・・熟眠不全とは、十分に眠ったはずなのに、すっきりしない状態になることを指します。

 

これらの入眠不全、中途覚醒、早期覚醒、熟眠不全などの睡眠障害・不眠症の症状は、当サイトの対策と治療を使えばほとんどの場合解決できると思います。

 

当サイトで紹介している、入眠障害対策と治療、睡眠障害対策と治療、覚醒障害対策と治療を組み合わせれば、たいていの睡眠に関する問題は解決できるでしょう。

 

しかし、それらの睡眠に関する対策と治療を用いても睡眠を改善できない場合は、病気による睡眠障害である可能性が考えられます。

 

その場合は、睡眠に関する病気である可能性が考えられますので、専門機関での診断を仰いでください。

 

下記に代表的な睡眠に関する病気についてまとめていますので参考にしてください。

睡眠障害記事一覧

うつ病

睡眠障害、特に不眠症は、うつ病ではかならずといってもいいほど発症します。うつ病よる不眠は、身体的には原因が無い不眠です。入眠困難、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害のうちのいずれのタイプの睡眠障害も見られます。うつ病による睡眠障害については、入眠対策法・治療法、睡眠対策法・治療法、覚醒対策法・治療法などを...

≫続きを読む

睡眠時呼吸障害

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、気道が何らかの理由で塞がれ無呼吸状態となる病気です。主に肥満気味の中高年の男性がかかることが多いですが、下顎の未発達な場合も気道が狭まり呼吸しづらくなるため、肥満で無くてもかかる人もいます。睡眠時には、生理的にも上気道抵抗の増大により、上気道吸引圧が高まります。閉塞型では...

≫続きを読む

睡眠時随伴症

レム睡眠行動障害は、なんらかの原因により、レム睡眠中の骨格筋の筋活動の抑制機構がはたらかないため、夢体験が行動化されてしまう行動障害です。つまり、夢の中での行動が、実際の行動となって現れる、ということです。レム睡眠行動障害の症状としては、そばにあるものを蹴飛ばす、起き上がって家具や壁などに衝突するな...

≫続きを読む

中枢性過眠症

ナルコレプシーは、睡眠障害の一つです。短時間に生じる異常な眠気、または、驚きや笑いなどの情動に伴って、起こる、姿勢筋緊張の突然の低下をなどがナルコレプシーの特徴です。日中反復する居眠りがほとんど毎日、短くとも3か月以上にわたり、見られるものをいいます。また、睡眠麻痺や入眠時幻覚を伴うことも多いです。...

≫続きを読む

概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害―睡眠相後退型は、睡眠相が後退する睡眠障害です。つまり、睡眠相後退型は、睡眠の時間帯が好ましい時間帯よりも遅い時間帯で持続する睡眠障害です。深夜にまで及ぶ仕事や、極端な夜型生活を送ることなどにより引き起こされる睡眠障害です。夜型の生活を長時間続けるため、体内時計が狂ったままになって...

≫続きを読む

睡眠関連運動障害

周期性四肢運動障害とは、周期性の四肢運動に伴う睡眠障害です。小児から成人までのあらゆる年齢層に見られる睡眠障害で、手脚が周期的にピクピクしたりすることにより、睡眠が妨げられる睡眠障害です。周期性四肢運動障害は、片脚のみに生じる場合もあれば、両足に生じる場合もあります。また、四肢の動きを自分では自覚し...

≫続きを読む