『睡眠専科』〜睡眠障害・不眠症の「症状別」対策法・治療法

睡眠と健康記事一覧

睡眠不足・不眠症と肥満

睡眠不足になると、肥満になってしまいやすくなります。なぜ睡眠時間が短いと肥満になりやすいかというと、食欲に関するホルモンのバランスが崩れてしまうからです。これには、主にグレリンとレプチンという二つのホルモンが関係します。グレリンは、食欲を促進するホルモンで、胃から分泌されます。レプチンは食欲を抑制す...

≫続きを読む

夜勤明けの睡眠障害・不眠症

夜勤明けに睡眠をとる場合、その場合、体温リズムやホルモンのリズムが崩れ、睡眠のリズムが崩れてしまいます。通常の場合は、夜の睡眠時間にかけて、体温が下がっていき、明け方に体温が最も低くなりますが、夜勤明けに昼から寝る場合は、体温が高い状態で入眠にはいるため、睡眠が障害されてしまいます。入眠障害の対策と...

≫続きを読む