夜勤明けの睡眠障害・不眠症

夜勤明けの睡眠障害・不眠症

夜勤明けに睡眠をとる場合、その場合、

 

体温リズムやホルモンのリズムが崩れ、睡眠のリズムが崩れてしまいます。

 

通常の場合は、夜の睡眠時間にかけて、体温が下がっていき、明け方に体温が最も低くなりますが、

 

夜勤明けに昼から寝る場合は、体温が高い状態で入眠にはいるため、睡眠が障害されてしまいます。

 

入眠障害の対策と治療にある方法で、体温を下げる工夫などをして、熟眠できるようにしてください。

 

 

この夜勤明けの睡眠障害・不眠症を防ぐためには、日光をできるだけ浴びないようにするのが大切です。

 

日光を浴びると、体内時計がリセットされ、心身共に覚醒の方向にむかってしまいます。

 

ですので帽子をかぶったり、サングラスをかけたり、日傘をさしたりなどの工夫が効果的です。

 

特に、目に光の情報が行かないようにしましょう。

 

また、夜勤が連続すると、睡眠のリズムがより大きく崩れていってしまうため、夜勤は可能なら、連続しては避けるようにしてください。

 

この辺りは、職場の人との相談次第だと思いますが。

 

 

また、夜勤明けには、長時間の夜勤の場合なら、キツイと思いますが、30分以内の短い仮眠を複数回取り、夜には早めに寝る、

 

という方法が、生体リズムのずれを少なくするのに有効ですので、試してみてください。

夜勤明けの睡眠障害・不眠症関連ページ

睡眠不足・不眠症と肥満
睡眠不足・不眠症と肥満の関係について。睡眠と肥満には、グレリンというホルモンと、レプチンというホルモンが大きく関係しています。