睡眠不足・不眠症と肥満

不眠症と肥満

睡眠不足になると、肥満になってしまいやすくなります。

 

なぜ睡眠時間が短いと肥満になりやすいかというと、食欲に関するホルモンのバランスが崩れてしまうからです。

 

これには、主にグレリンとレプチンという二つのホルモンが関係します。

 

グレリンは、食欲を促進するホルモンで、胃から分泌されます。

 

レプチンは食欲を抑制するホルモンで、脂肪細胞から分泌されます。

 

レプチンはさらに、交感神経を優位に働かせる作用があり、エネルギー代謝を高める効果もあります。

 

 

睡眠不足になると、体内のレプチンが減り、グレリンが増えてしまい、食欲が過度に促進されてしまうのです。

 

睡眠不足になると、必要以上に食欲を感じてしまうため、太りやすくなってしまうのです。

 

夜遅くまで起きていると、時間の経過による空腹を上回って、空腹を強く感じるのは、このためです。

 

また、グレリンが増えると、カロリーの高い食べ物や、油っぽいものを好むようになり、この点でも太りやすいと言えます。

 

睡眠不足になると、肥満になりやすくなる以外にも、色々な悪影響が体に出ます。

 

自分に適した十分な睡眠時間をとり、睡眠不足にならないようにしましょう。

睡眠不足・不眠症と肥満関連ページ

夜勤明けの睡眠障害・不眠症
夜勤明けの睡眠障害・不眠症について。夜勤明けには、体温や、ホルモンのリズムが崩れ、睡眠のリズムが崩れてしまいがちです。夜勤明けにも快適に眠るための対策法を詳しく解説します。