女性特有の睡眠障害

睡眠専科〜睡眠障害・不眠症の「症状別」対策法・治療法を読んでくださっている方が、女性の場合は気を付けることがあります。

 

女性の場合、女性ホルモンの影響によって睡眠のリズムが乱されることがあります。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、この二つの女性ホルモンは身体の様々なリズムに影響します。

 

女性ホルモンのプロゲステロンは眠りを促進する働きがあり、そのため生理日前後では眠気が強くなってしまいます。

 

また、プロゲステロンは妊娠中にも多く分泌されるため、妊娠中は眠気が強い日々が続くことになります。

 

このプロゲステロンによる睡眠作用は、妊娠・出産という女性にとっての一大事に、できるだけ身体に休息をとらせようとするためだと考えられています。

 

女性の場合は女性ホルモンの乱れによって一時的に睡眠障害が生じている可能性もあります。

 

ですから、睡眠障害・不眠症の「症状別」対策法・治療法を読む際には女性であれば女性ホルモンの要因も考慮に入れて読んでいってください。

女性特有の睡眠障害関連ページ

睡眠不足・不眠症と肥満
睡眠不足・不眠症と肥満の関係について。睡眠と肥満には、グレリンというホルモンと、レプチンというホルモンが大きく関係しています。
夜勤明けの睡眠障害・不眠症
夜勤明けの睡眠障害・不眠症について。夜勤明けには、体温や、ホルモンのリズムが崩れ、睡眠のリズムが崩れてしまいがちです。夜勤明けにも快適に眠るための対策法を詳しく解説します。