夜寝れないストレスを軽減する方法

夜寝れないストレスを軽減する方法

精神的に入眠しやすくなる対策法・治療法を紹介しましょう。

 

ここまで、入眠に関する具体的な対策法・治療法を公開してきました。

 

具体的な対策法・治療法も大事ですが、入眠を快適なものにするためには、心構えも大切です。

 

入眠の前までは、もちろん睡眠前なので、まだ意識があります。

 

そのため、意識の持ちようによって、入眠に大きな影響をもたらすことができるのです。

 

 

まず、入眠できなくても、疲れは取れていっていると思うようにしましょう。

 

ベッドやふとんに横たわっているだけでも、疲れは確実に取れていきます。

 

普段は立っていたり、座っていたりするのですから、横たっているだけで疲れはとれます。

 

こう思うことによって、眠れないことに対するストレスを緩和することができると思います。

 

 

また、それでもどうしても眠れない時には、一度寝床から思い切って離れてみるのも得策です。

 

入眠できない時にいつまでも横たわっていると、眠れないことがストレスになってしまい、より入眠しづらくなってしまいます。

 

脳を興奮させないようなことをして時間をつぶし、眠たくなってから、寝床に入り直しましょう。

 

テレビを見たりパソコンを開いたり、携帯電話をいじったりするのは、ブルーライトを浴びてしまうのでお勧めできません。

 

 

入眠対策法・治療法というほどのものではないのですが、入眠したい時間帯になったら、時計を見ないようにするとよいです。

 

時計にタオルをかけたり、移動させたり、向きを変えたりして、時間が目に入らないようにしましょう。

 

時計を見てしまうと、睡眠時間を無意識に計算してしまうものです。

 

そして、「ああ、○時間しか眠れない・・・」

 

と考えてしまうのです。

 

時計を見なければ、何時間眠ったのかが分からないので、「自分は〜時間、十分に寝たはずだ」

 

と、自分が取りたかった睡眠時間が取れたものと思い込むことができます。

 

そうすることにより、実際に眠った時間が予定よりも短くなってしまっても、精神的にすっきりできると思います。

 

睡眠のサイクル通りに睡眠をとることは大事ですが、必要以上に睡眠時間を意識してしまわないようにしましょう。

夜寝れないストレスを軽減する方法関連ページ

睡眠には体温低下が必要
睡眠する際に必要な体温低下について徹底解説。睡眠に伴う体温変化のメカニズムをまず理解することで、睡眠全般についての理解が深まります。
睡眠と入浴・運動について
睡眠と入浴・運動について解説。睡眠と快適にするための入浴方法・運動方法について丁寧に解説。入浴・運動は適切に行えば、快適な睡眠をもたらしてくれますが、間違った方法で行うと逆効果になってしまいます。
睡眠と食事
睡眠と食事の関係について。快適な睡眠をとるためには、適切な食事をする必要があります。睡眠とし食事の関係において大事なのは、「食事の量、温度、そして取るタイミングです。これらについて詳しく解説していきます。
快適な寝室の環境とは
入眠時に快適な寝室の環境について解説。快適な睡眠には、快適な睡眠の環境が必要不可欠です。快適な寝室の環境を作るためのコツを伝授します。
睡眠導入と音楽
睡眠導入と音楽について。睡眠導入に適した音楽とは?睡眠導入音楽の効果とは?音楽をどのように睡眠時に取り入れていけば良いかを徹底解説。
光で睡眠のホルモンを調節しよう
睡眠のホルモンについて解説していきます。睡眠のホルモンは、特に「光」に大きく関係しています。脳は光によって睡眠ホルモンを調節しているのです。光と睡眠ホルモンの関係について理解を深め、より良い睡眠をとれるようになりましょう。
ブルーライトと睡眠障害
入眠の大きな障害となるブルーライトについて解説。ブルーライトは、光に含まれる波長の一つで、快適な睡眠を障害することが知られています。ブルーライトの悪影響と、ブルーライトをカットする方法について詳しく解説していきます。
羊を数えて眠れるか?
羊を数えて入眠する、という方法がありますが、この羊数え睡眠法は本当に効果があるのでしょうか?羊数え眠り法のメリット・デメリットと、正しい羊の数え方を徹底解説。