睡眠と入浴・運動について

睡眠と入浴・運動について

睡眠と入浴・運動について解説していきます。

 

睡眠には体温低下が必要で詳しく解説していますが、入眠の前には体温が上がります。

 

体温が上がった後で、体温が下がり、睡眠を開始します。

 

入眠前には、体温の落差が大きくなるのです。

 

そのため、人為的に体温を上昇させてあげれば、スムーズに入眠することができるのです。

 

体温を上げる方法には主に「入浴」、「運動」、「飲食」があります。

 

 

まずは、入浴についてです。

 

「熱い湯船につかるのが好き」という方もいらっしゃると思いますが、

 

熱過ぎるお湯だと体温が必要異常に上昇し、交感神経系が長時間にわたり興奮してしまい睡眠にとっては良くありません。

 

特に、夜遅く、寝る前に熱い湯につかるのは避けたい所です。

 

睡眠のためには、ぬるめのお湯につかるのがよいです。

 

ぬるめのお湯につかることで、心身ともにリラックス効果が得られ、体温も程よく上昇させることができるのです。

 

日中の緊張感を、バスタイムでほぐして、心と体を睡眠に適した状態にしましょう。

 

入浴時に入浴剤を使うのも、よりリラックスできるので効果的です。

 

自分の好みの入浴剤を見つけて、それを使用しましょう。

 

他には、入浴するのが面倒なら、足だけを温める足湯も効果的です。

 

足がポカポカするまで温めましょう。

 

 

次は、運動についてです。

 

これも、激しい運動は過度に覚醒してしまうのでいけませんが、軽い運動をすることで体温が上昇させられます。

 

入眠の前に、軽い運動をすることで入眠が促されるのです。

 

体が軽く温かくなるくらいの、ストレッチ(筋肉や腱・靭帯を伸ばし柔軟性を高める体操)などの軽い運動が適しています。

 

息が上がってしまうような運動ではなく、汗をかかないストレッチのような軽い運動をして、体温を上昇させます。

 

目安としては、手の平や足の裏が暖かくなってきたな、と感じるぐらいで運動をやめるようにしましょう。

 

睡眠の少し前に、体全体を適度に動かすような運動をし、体温ピーク時の体温を上げておくことで、体温がスムーズに下がっていき、寝付きやすくなります。

 

激しい運動では、交感神経が刺激されて、目が冴えてしまうので、激しい運動はしないようにしてください。

睡眠と入浴・運動について関連ページ

睡眠には体温低下が必要
睡眠する際に必要な体温低下について徹底解説。睡眠に伴う体温変化のメカニズムをまず理解することで、睡眠全般についての理解が深まります。
睡眠と食事
睡眠と食事の関係について。快適な睡眠をとるためには、適切な食事をする必要があります。睡眠とし食事の関係において大事なのは、「食事の量、温度、そして取るタイミングです。これらについて詳しく解説していきます。
快適な寝室の環境とは
入眠時に快適な寝室の環境について解説。快適な睡眠には、快適な睡眠の環境が必要不可欠です。快適な寝室の環境を作るためのコツを伝授します。
睡眠導入と音楽
睡眠導入と音楽について。睡眠導入に適した音楽とは?睡眠導入音楽の効果とは?音楽をどのように睡眠時に取り入れていけば良いかを徹底解説。
光で睡眠のホルモンを調節しよう
睡眠のホルモンについて解説していきます。睡眠のホルモンは、特に「光」に大きく関係しています。脳は光によって睡眠ホルモンを調節しているのです。光と睡眠ホルモンの関係について理解を深め、より良い睡眠をとれるようになりましょう。
ブルーライトと睡眠障害
入眠の大きな障害となるブルーライトについて解説。ブルーライトは、光に含まれる波長の一つで、快適な睡眠を障害することが知られています。ブルーライトの悪影響と、ブルーライトをカットする方法について詳しく解説していきます。
羊を数えて眠れるか?
羊を数えて入眠する、という方法がありますが、この羊数え睡眠法は本当に効果があるのでしょうか?羊数え眠り法のメリット・デメリットと、正しい羊の数え方を徹底解説。
夜寝れないストレスを軽減する方法
夜寝れないストレスを軽減する方法について。夜なかなか眠れない時、眠れないことによって発生するストレスを軽減する方法を伝授します。