光で睡眠のホルモンを調節しよう

睡眠のホルモン

光は、入眠において非常に重要なファクターです。

 

先ほど青い色がよいと書きましたが、例外があります。

 

それは、蛍光灯に関してです。

 

青い蛍光灯の光は、自然な睡眠へ導くためのホルモンである、メラトニンの分泌を抑制してしまうのです。

 

そのため、明かりまでブルーにするのは望ましくないです。

 

寝室の明かりには、メラトニンへの影響の小さい白熱灯や、オフホワイトの照明が適しています。

 

夜になり、暗くなると眠りに導く物質であるメラトニンが分泌されますが、明るい光を浴びてしまうと、メラトニンが分泌されにくくなってしまいます。

 

 

 

また、明かりの明るさは睡眠直前まで最高に明るい、という状況だといけません。

 

睡眠直前まで明るいままだと、メラトニンの分泌がスムーズにいかず、入眠が妨げられます。

 

そのため、就寝前は照明を暗くするようにしましょう。

 

就寝の数時間前には、部屋の明かりを消し、デスクランクやベッドランプだけにしましょう。

 

他の方法としては、淡い色の間接照明を別に購入し、夜間は間接照明で過ごすようにするのもよいです。

 

他には、タイマー式で徐々に暗くなる照明もありますので、有効に活用してください。

 

 

テレビやパソコン、携帯電話などの明かりについても同様に就寝前は見ないようにしましょう。

 

睡眠の前にこれらの強い光を見ていると、脳が夜になっていると認識しにくくなり、眠りを促すホルモンであるメラトニンが分泌されにくくなります。

 

眠れないからと言って、暇つぶしにテレビやパソコン、携帯電話の画面などを見ていると、さらに眠れなくなってしまいます。

 

特に、携帯電話やタブレットPCなどから放出されるブルーライトは睡眠の障害になります。

 

できるでけそれらはの行為は避けるようにしましょう。

 

どうしてもパソコンの作業が残っている、などという時は、パソコンの画面を暗くして行いましょう。

 

また、夜間に明るいところへ外出しなければならない時は、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりして、強い光を浴びないようにしましょう。

 

また、中には真っ暗だとどうしても眠れない、という人もいるようです。

 

そのような方は、豆電球などの明るさが弱いものを使うとよいです。

 

 

眠る際にはアイマスクをするのも効果的です。

 

アイマスクは、入眠時と睡眠時両方において効果のあるものです。

光で睡眠のホルモンを調節しよう関連ページ

睡眠には体温低下が必要
睡眠する際に必要な体温低下について徹底解説。睡眠に伴う体温変化のメカニズムをまず理解することで、睡眠全般についての理解が深まります。
睡眠と入浴・運動について
睡眠と入浴・運動について解説。睡眠と快適にするための入浴方法・運動方法について丁寧に解説。入浴・運動は適切に行えば、快適な睡眠をもたらしてくれますが、間違った方法で行うと逆効果になってしまいます。
睡眠と食事
睡眠と食事の関係について。快適な睡眠をとるためには、適切な食事をする必要があります。睡眠とし食事の関係において大事なのは、「食事の量、温度、そして取るタイミングです。これらについて詳しく解説していきます。
快適な寝室の環境とは
入眠時に快適な寝室の環境について解説。快適な睡眠には、快適な睡眠の環境が必要不可欠です。快適な寝室の環境を作るためのコツを伝授します。
睡眠導入と音楽
睡眠導入と音楽について。睡眠導入に適した音楽とは?睡眠導入音楽の効果とは?音楽をどのように睡眠時に取り入れていけば良いかを徹底解説。
ブルーライトと睡眠障害
入眠の大きな障害となるブルーライトについて解説。ブルーライトは、光に含まれる波長の一つで、快適な睡眠を障害することが知られています。ブルーライトの悪影響と、ブルーライトをカットする方法について詳しく解説していきます。
羊を数えて眠れるか?
羊を数えて入眠する、という方法がありますが、この羊数え睡眠法は本当に効果があるのでしょうか?羊数え眠り法のメリット・デメリットと、正しい羊の数え方を徹底解説。
夜寝れないストレスを軽減する方法
夜寝れないストレスを軽減する方法について。夜なかなか眠れない時、眠れないことによって発生するストレスを軽減する方法を伝授します。