短時間睡眠(3時間・4時間睡眠)法

短時間睡眠とは

「短眠法」では、睡眠時間をいかに短くするか、という点について解説します。

 

人によっては、どうしても睡眠時間を短くしなければならない、という状況の方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような方向けに、どうすれば短い時間で効率よくよい睡眠をとれるかということを解説していきたいと思います。

 

 

短眠のためには、なにが重要かというと、睡眠の質を上げることです。

 

入眠対策法・治療法、睡眠対策法・治療法、覚醒対策法・治療法で紹介した方法を使いこなすことで、睡眠の質が改善されていくのです。

 

これらの睡眠に関する対策法・治療法を複数使うことで、睡眠の質を上げ、短眠をすることができるのです。

 

 

睡眠時間の質を高めることができれば、短い睡眠でもぐっすり眠ることができ、疲れがとれるようになるのです。

 

短眠法を開始して初めの方は、かなりきついと感じる人も多いでしょうが、継続していくうちに、脳や体が順応していきます。

 

短眠とはどのくらい短い睡眠時間なのかというと、多くの研究者が挙げているのが4時間〜4時間30くらいの睡眠時間です。

 

この範囲が覚醒時の心身のパフォーマンスを維持できる短眠の限界とされています。

 

これよりも短いと、ノンレム睡眠、レム睡眠に異常をきたし、脳や体に様々な不調をきたすそうです。

 

特に、4時間〜4時間30よりも短眠だと、視覚系の障害がかなり増加することが研究により明らかになっています。

 

視界が狭まったり、見落としが多くなったり、といった症状が出てしまうのです。

 

特に、車で通勤している人などは、短眠で時間を得ても、視覚の衰えによって交通事故を起こしてしまう可能性が高いです。

 

ごくまれにこれよりも短い睡眠時間で大丈夫という人もいるかと思いますが、ほとんどの人は4時間〜4時間30くらいを短眠の目標にするとよいでしょう。

 

 

短眠法のページでは、入眠障害の対策と治療、睡眠障害の対策と治療、覚醒障害の対策と治療の中でも、

 

特に短眠のために大切なことを再度取り上げ、それ以外での短眠のコツを加えて紹介していきます。

 

どれか一つでもやれば短眠を達成できるというわけではありません。

 

複数の短眠法を組み合わせることで睡眠の質がより向上し、短眠が可能となるのです。

短時間睡眠(3時間・4時間睡眠)法記事一覧

短時間睡眠とスケジュール管理

短眠を行う際のスケジュールについてここでは説明します。短眠は、思い立ったその日からいきなりできるものでは決してありません。継続的に睡眠の質を高めていくことでできるようになるものなのです。まず大切なことは、短眠を実行する際には、いきなり目標時間にするのではなく、約90分のサイクルごとに短くしていくよう...

≫続きを読む

短時間睡眠と運動

短時間睡眠をする上では、運動量に気を付ける必要があります。短時間睡眠ができるようになるのは、実は脳の疲れだけで、体の疲れに対しては、短時間の睡眠で回復することは難しいです。脳の疲れは、徐々に慣れていくことで、短時間でも回復することができるようになりますが、体の疲れは、やはり長時間睡眠をとらないと回復...

≫続きを読む

短時間睡眠で疲れを取る方法

短眠を行う際には、食事に気をつける必要があります。短眠には、少食であることが必要不可欠です。少食と言っても、極端に食事を減らし過ぎて栄養不足になってはいけません。栄養価の高い食事を少な目にとることが短眠では必要なのです。それでは、なぜ短眠を行うためには、少食にする必要があるのか、ということについて解...

≫続きを読む

短時間睡眠と仮眠

短眠ができるようになるために、睡眠時間を短くすると、どうしても日中に眠くなると思います。特に短眠法を始めたばかりの頃はまだ慣れていないため、睡魔に襲われることがあると思います。初めのうちは睡眠不足感に悩まされるかもしれませんが、仮眠をとることで睡眠不足を解決するようにしてください。30分以内の仮眠を...

≫続きを読む

短時間睡眠と目標の立て方

短時間睡眠をなしとげるためには、明確な目標を持つことが大切です。なんとなく眠る時間が減ればやりたいことができるなぁ、といった理由では、睡魔に負けてしまいます。短眠を行うためには、継続が絶対に必要です。睡眠の質を継続的に改善していくことで、短眠ができるようになるのです。短眠のスケジュールでも述べたよう...

≫続きを読む