短時間睡眠で疲れを取る方法

短眠と食事

短眠を行う際には、食事に気をつける必要があります。

 

短眠には、少食であることが必要不可欠です。

 

少食と言っても、極端に食事を減らし過ぎて栄養不足になってはいけません。

 

栄養価の高い食事を少な目にとることが短眠では必要なのです。

 

 

それでは、なぜ短眠を行うためには、少食にする必要があるのか、ということについて解説していきたいと思います。

 

食べ物を食べると、消化・吸収のために消化器官に血液が集中し、脳の血液が一時的に減り眠気を感じてしまう、ということが原因です。

 

少食にすることにより、不必要な睡魔に襲われることがなくなり、日中のパフォーマンスがアップするのです。

 

ですから、短眠を目指すなら、食事を大量にとるのは控えるべきです。

 

特に、夕食を少食でなく、大量にとってしまうと、熟睡が妨げられます。

 

寝ている間にも、消化器官が活発に活動しなければならなくなるため、熟睡が妨げられ、短眠ができなくなってしまいます。

 

以上の理由から、短眠を行う際には、少食を心がけ、必要以上に食べないようにしましょう。

 

かといって、空腹が気になって眠れなくなってしまってもいけないので、食べなさすぎるのもいけません。

 

普段から少食を心がけるようにして、短眠を成功させましょう。

短時間睡眠で疲れを取る方法関連ページ

短時間睡眠とスケジュール管理
短時間睡眠とスケジュール管理について解説。短時間睡眠においては、より厳密なスケジュール管理を必要とします。
短時間睡眠と運動
短時間睡眠と運動の方法について解説。短時間睡眠と達成するためには、運動をどうするかが非常に大きな意味を持ちます。短時間睡眠を可能にするための運動の方法を解説。
短時間睡眠と仮眠
短時間睡眠と仮眠について解説。短時間睡眠では、仮眠が非常に重要な意味を持ちます。短時間睡眠ならではの仮眠の重要性を解説。
短時間睡眠と目標の立て方
短時間睡眠を達成するためには、目標を明確に立てることが必要とされます。短時間睡眠とを達成するための目標の立て方を解説。