短時間睡眠と仮眠

短時間睡眠と仮眠

短眠ができるようになるために、睡眠時間を短くすると、どうしても日中に眠くなると思います。

 

特に短眠法を始めたばかりの頃はまだ慣れていないため、睡魔に襲われることがあると思います。

 

初めのうちは睡眠不足感に悩まされるかもしれませんが、仮眠をとることで睡眠不足を解決するようにしてください。

 

30分以内の仮眠を、隙間時間を見つけてとるようにしてください。

 

どうしても眠い、という時は、我慢せずに仮眠をとってもよいのです。

 

仮眠は、どうしても眠い、という時に取ることで、睡眠の質が高くなります。

 

一回の仮眠で眠気が取れないようなら、複数回の仮眠をとっても良いです。

 

仮眠なら、それほど多過ぎなければ、何度とっても睡眠のリズムに影響を与えないことが知られています。

 

ただし、過眠の時間は必ず30分以内にするようにしてください。

 

そうしないと、せっかく築き上げた睡眠のリズムに悪影響を与えてしまうからです。

 

長い過眠をとってしまうと、入眠字に眠れなくなり、睡眠リズムが崩れてしまいます。

 

 

また、短眠ができるようになっても、仮眠は重要です。

 

短眠法に体が慣れてきてからも、夜の睡眠時間以外で眠い時には仮眠をとるようにしてください。

 

短眠を実践している人で、仮眠を全くとっていないという人はほとんどいません。

 

ですので、仮眠をとることに罪悪感を感じることはありません。

 

 

 

また、運動による体の疲れ、病期、人付き合いなどで、どうしても睡眠時間が確保できないこともあると思います。

 

普段の入眠時刻より遅くなってしまっても、眠くても普段の起床時刻を守るようにしてください。

 

そして、その後、仮眠を多くとるようにしてください。

 

夜、眠りにいつくのが遅いからといって、起床時刻を破って寝てしまうと、睡眠のリズムが大きく狂ってしまい、元のリズムに戻すまでに時間がかかります。

 

30分以内の仮眠を繰り返しとることで、夜更かししてしまった場合でも、睡眠リズムを崩さず、快適に入眠できます。

短時間睡眠と仮眠関連ページ

短時間睡眠とスケジュール管理
短時間睡眠とスケジュール管理について解説。短時間睡眠においては、より厳密なスケジュール管理を必要とします。
短時間睡眠と運動
短時間睡眠と運動の方法について解説。短時間睡眠と達成するためには、運動をどうするかが非常に大きな意味を持ちます。短時間睡眠を可能にするための運動の方法を解説。
短時間睡眠で疲れを取る方法
短時間睡眠は、適切に行わないと疲れがなかなか取れません。正しい方法で睡眠を取ることで、短時間でも疲れを取ることができます。
短時間睡眠と目標の立て方
短時間睡眠を達成するためには、目標を明確に立てることが必要とされます。短時間睡眠とを達成するための目標の立て方を解説。