短時間睡眠と運動

短時間睡眠と運動

短時間睡眠をする上では、運動量に気を付ける必要があります。

 

短時間睡眠ができるようになるのは、実は脳の疲れだけで、

 

体の疲れに対しては、短時間の睡眠で回復することは難しいです。

 

 

脳の疲れは、徐々に慣れていくことで、短時間でも回復することができるようになりますが、

 

体の疲れは、やはり長時間睡眠をとらないと回復することができません。

 

スポーツを普段よくする方は、無理に短時間睡眠を続けると体に色々と不調をきたしてしまいます。

 

 

運動を定期的にされる方で、短時間睡眠をしたい場合は、運動した日には睡眠時間を伸ばすようにしてください。

 

普段は4時間半睡眠で、運動をした日は6時間睡眠にする、といった感じです

 

運動をしていない日でも、体調に応じて、睡眠時間を伸ばすことが大事です。

 

ベースの睡眠時間を決めて、そこから臨機応変に睡眠時間を睡眠サイクルの90分単位の倍数を加算して調節していってください。

 

また、疲れがひどい時は、1時間半ではなく、さらに1時間半伸ばして、3時間プラスする、などの工夫も行ってください。

 

普段は4時間半睡眠で、運動をした日は7時間半睡眠にする、という感じです。

 

無理に普段通りの睡眠時間を守ろうとすると、疲れが十分に取れず、

 

翌日のパフォーマンスが低下してしまったり、翌日により多くの睡眠時間が必要になってきたりしてしまいます。

 

短時間睡眠と運動関連ページ

短時間睡眠とスケジュール管理
短時間睡眠とスケジュール管理について解説。短時間睡眠においては、より厳密なスケジュール管理を必要とします。
短時間睡眠で疲れを取る方法
短時間睡眠は、適切に行わないと疲れがなかなか取れません。正しい方法で睡眠を取ることで、短時間でも疲れを取ることができます。
短時間睡眠と仮眠
短時間睡眠と仮眠について解説。短時間睡眠では、仮眠が非常に重要な意味を持ちます。短時間睡眠ならではの仮眠の重要性を解説。
短時間睡眠と目標の立て方
短時間睡眠を達成するためには、目標を明確に立てることが必要とされます。短時間睡眠とを達成するための目標の立て方を解説。