メラトニン、セロトニン、トリプトファン

メラトニンについて

メラトニンは、脊椎動物の松果体で作られ、分泌されるホルモンです。

 

メラトニンには、主に成長ホルモンの分泌や睡眠を促進する効果があります。

 

松果体は光を感じる器官であるため、睡眠と深く関わっています。

 

メラトニンは、日周期リズムを調節しています。

 

つまり、メラトニンは、体に今が昼なのか、夜なのかを伝えるホルモンです。

 

それにより、睡眠周期を調節しています。

 

メラトニン濃度は、昼間には減少し、夜間には増加するという日内変動をしています。

 

メラトニンの分泌は、周囲の光量によって決まります。

 

まわりが暗くなってきたら、夜だと松果体が判断し、メラトニンの分泌を促します。

 

しかし、夜になっても明るい部屋にいると、松果体が正しく夜だと認識することができずに、メラトニンの分泌が適切になされなくなってしまうのです。

 

そのため、夜間は部屋の明かりを暗くしたり、明るいところにいかないなどして、明るい光を浴びないようにすることが大切です。

 

よい睡眠をするためには、メラトニンをきちんと分泌できるように工夫する必要があるのです。

 

 

メラトニンは、加齢により分泌量が減少していくことがしられており、これが高齢者の睡眠障害・不眠症の原因となっていることがあります。

 

その場合は、メラトニン補充療法により、不眠が改善したという報告もあります。

メラトニンは体内で合成することもできますが、動物由来のものから接種することもできます。

 

メラトニンの分泌異常で睡眠障害が起きている場合には、体外からメラトニンを摂取することで改善をはかることができます。

 

メラトニンを多く含む物質としては、青汁の原料となるケール、レタス、キャベツ、トマト、トウモロコシ、白菜、米などがあります。

 

しかし、これらに含まれるメラトニンの含有量は少なすぎるので、現実的にはサプリメントか取ることが必要です。

 

米国では、睡眠薬のサプリメントとしてメラトニンが使われています。

 

メラトニンのサプリメントは、その効果に個人差がありますが、効く場合には飲んだその日から効果を実感できる人もいます。

 

メラトニンをサプリメントで取る場合には、用法・用量を守って正しく摂取してください。

 

 

また、メラトニンの原料であるトリプトファンをとることも効果的です。

 

メラトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから、セロトニンを経て合成され、脳内の松果体から分泌されるホルモンです。

 

トリプトファンは、肉や乳製品、魚介類、穀物類、豆類に多く含まれています。

 

これらの食べ物を食べることで、トリプトファンを摂取するとよいでしょう。

 

トリプトファンもサプリメントがありますが、こちらはメラトニンと違って、飲食物からも十分に摂取することができます。

メラトニン関連ページ

睡眠薬・睡眠導入剤について
睡眠薬・睡眠導入剤について各論の解説。睡眠薬・睡眠導入剤の種類や、それぞれの特徴・使い方を解説